大人ニキビの原因は直接的なものばかりではない

頑固な大人ニキビ。

お困りではありませんか?
いつも同じようなところに出来て、治ったと思ったら、また隣に出来てきてる?!

なんて事もあるのでは無いでしょうか。
原因が解れば治るかもしれません。

いくつか可能性を探っていきましょう。

基礎化粧品やメイク用品が肌に合わない

「化粧品が大事なんて事はわかってる!」と言われそうではあるのですが、実は意外にも多くの人が知らない事実があります。

それは、短期間使っただけではアレルギー反応が出ない化粧品も存在するという事。
ですから、試供品を試してみて数日間はお肌の調子が良くても、数ヶ月経つと使い続けたことによってアレルギー反応が出るという現象も起こるのです。

最近ではドクターズコスメなどもありますから、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

食事や飲み物に気をつける

最近では健康志向が強くなってきた風潮があります。
しかし、まだまだ白い砂糖やアルコール、人口調味料の入ったものを多く摂取してしまう人がいます。

特に女性はダイエットがしたいからと言って、ダイエットをうたった甘味料や、カロリーゼロ商品を好んで買う人がいますが、これらは臓器や肌に悪影響を与えるものばかりなのを知っていますか?
それらは血管を萎縮させて体を冷やします。

また、腎臓が体には要らない栄養素だと判断してフル活動して排出しようとします。
負担がかかるので良くありません。

反対にお料理をするときに白い砂糖を使う人もいます。
砂糖は冷えを作ります。

冷えは万病の元。
もちろん肌も荒れる原因になります。

女性の体には悪い事ばかりですから「てんさい糖」に切り替えて、カロリーゼロのお菓子や読み物は取るのを控えましょう。

生理痛が重くありませんか?

大人ニキビはホルモンバランスと大きく関係しています。
生理痛がひどい人は子宮内膜症や子宮筋腫など恐ろしい病気を併発している可能性もあります。

信頼のおける婦人科へ相談しに行きましょう。
もしも1度の診察や検査の診断で納得がいかない場合は他の医師に相談してみるのも一つの手です。

医師によって会見が違うこともあるからです。
「肌は見える臓器」とも言いますから、体の不調を整えると大人ニキビが治る可能性が高くなります。

それから、精神的なストレスなども原因の一つです。
心当たりがある人はやはりメンタルクリニックに相談することをお勧めいたします。

一口に大人ニキビと、言っても原因は様々です。
心身ともに健康であれば、必然的にお肌もきれいに輝くはずです。

まずは生活習慣の見直しや、現状のストレスチェックをして、健康を維持することが改善の近道となることでしょう。

異常な肩こりと普段の生活で行える対処法

肩こりに悩む人は多いと思いますが、圧倒的に男性より女性か多いかと思います。
デスクワークでのパソコン作業に加えて、ついついスマホも手離せないため現代の生活は、まさに肩こりとともにあるといっても過言ではありません。

そんな肩こりの原因と、日常生活でできる対処法をご紹介します。

肩こりの原因

実は、肩こりは筋肉の多い男性ではあまりおきないのです。筋肉は脂肪に比べると温度も高く血流もよいため、筋肉の多い人はあまり肩こりになりません。
そのため、男性よりも筋肉量の多い女性は必然的に肩こりになりやすいといえます。

さらに、デスクワークやスマホに集中しすぎるあまり、長時間不自然な姿勢で居続けることから、肩がこってしまいます。

姿勢と肩こり

日本舞踊やバレエをやっていた人でもない限り、なかなか姿勢のいい人はいないものですが、姿勢が悪いと肩こりになりやすく、さらには体型がくずれ太る原因にもなります。
デスクワークはどうしても両手を前に伸ばし前屈みの姿勢になるため、画面に集中すると首だけ前に出る不自然な姿勢になります。

必ずしもちょうどいい場所に肘をかけられるわけでもないため、肩で腕回りをキープする形になり、どんどん負担がかかっていきます。
結果、肩がこってしまいます。

肩こり対処法

・ストレッチ

肩こりに一番いいのは自分でできるストレッチでしょう。仕事中でもトイレに行ったときなど、壁に両手を当てて上半身を沈め、重さを全て壁にかけるようにしてみてください。
首と肩の境目あたりが伸びる感じかしてきもちいいです。

また、左腕を肩から背中に沿わせ、右腕を腰から背中に沿わせるかたちで背中の真ん中で手を結び、顎を上げ背中を反らせるストレッチもおすすめです。
全身の筋肉が伸びるので、体が軽くなります。

・お風呂であたたまる

これは自宅で継続してほしい方法です。
肩こりの原因は血流の滞りと関係があるため、1日1度体をあたためて血の巡りをよくしましょう。

毎日続けることで、体温も上がります。実は体温が高くなることで体の免疫力もアップすると言われていますので、健康のためにも、そしてリラックス効果も得られおすすめです。

さいごに

肩こりは仕事をしているかぎり一生付き合っていかなければなりません。
そのため、こまめにストレッチで体をほぐしたり、入浴で1日の疲れをリセットし、それを続けることが大切です。また、定期的にプロの手にかかってマッサージに行くのもいいでしょう。

ちいさな心がけでつらい肩こりも軽減できますので、ぜひマメに行ってみてください。

あなたの慢性的な肩こりを和らげる?その方法とは一体?

突然ですが皆さんは肩こりに悩んでいませんでしょうか?日本人の現代病として誰しもが感じているのが肩こりであると思います。日本人の半分以上の方が肩こりに悩んでいると言われていますので、少しでも肩こりが治ればきっと楽に生活をすることができるのではないかと思います。そこで今回は、少しでも自分のつらい肩こりとおさらばできるように簡単なことを注意して実践してみたり、ちょっとしたことを行うだけで肩こりを改善することが出来る方法をお伝えしたいと思います。少しでも肩こりを楽にしたいと言う方は必見です。

悪い姿勢を改善する

皆さんの肩と首は頭を支えるようにできています。頭の重さは約6キロほどあり、スマートフォンやパソコンなどを見たりした際に頭が下がってしまうと思いますが、その頭の下がり具合によって首や肩の負担はすごく増してしまいます。ですから少しでも正しい姿勢を意識しておくと言うことと、猫背のような悪い姿勢にならないような意識をすることが大事です。「胸をピッと張る」と言うことと「肩甲骨を正しい位置に寄せる」と言うことを日常的に行っておくだけで猫背を改善することができてしまいます。

こまめに首を伸ばす

肩こりは肩や首の筋肉が凝り固まってしまうことによって起きてしまいます。先ほども申し上げました通り、仕事や趣味などでスマートフォンやパソコンを見ているときはほとんどが同じ筋肉が使われてしまったり、筋肉が伸びたり縮んだりすることがないのではないかと思います。気づいたときに首を前後や左右に動かすことを習慣化するだけでも肩こりは改善されます。また首や肩だけでなく全身的なストレッチは効果的ですからしっかりと行うようにしておきましょう。

お風呂に肩までつかる

お風呂に肩までつかることによってお風呂の水の水圧の効果や、お風呂の暖かさによる温熱効果などによって血流が良くなり筋肉が柔らかくなります。頭の重さに肩や首が耐えられずに筋肉が凝り固まってしまうことが考えられるため、お風呂に入ることによってその身体の負担を減らすことができます。身体をきれいにすると言う目的も風呂にはあると思いますが、自分にかかった重力や負担を減らすと言う意味合いでもお風呂はとても大事なのです。

行った方が良い事は簡単なことばかり

「慢性的な肩こりはもう治らないと思っている。」と言う方もきっと多いとは思いますが、実はこのような簡単なことを行うだけで肩こりは少しずつ改善することができていくのです。基本的に自分が行っていることが肩こりの原因になっていると思っていなかったり、自分のケアになることをやっていないと言う方がとても多いですので、ぜひ一度このようなことを試してみてはいかがでしょうか?