• 年末年始の準備はOK?

      0 comments

    年賀状の受付がはじまりました。
    年賀状書いてますか?私は、ぼちぼちやろうかと思っています。(やらなそう^^;)
    25日までに投かんすると元旦に着くそうです。なんとか間に合わせないと!

    一昨日と昨日と弟たちが来ました。元気な甥っ子のお陰で、にぎやかになりました。
    甥っ子は保育園で覚えた歌をWiiUのカラオケで頑張って熱唱していました。
    カラオケをする姿が可愛かったです。

    クリスマスプレゼントを発送したんだけど、喜んでもらえるといいな。

    年始と言えば、福袋!
    来年は並んで買おうおかなと思っていましたが、
    福袋って年末から売っているんですね。
    驚きました。

    ネットでは早くしないと完売になるそうで、
    急がないといけませんね。

    福袋を買って、中身を開けずに転売することもできるそうです。
    福袋転売ってすごいなー。

    地方では買いたいけど、買えない人もいますからね。
    いいんじゃないでしょうか。

  • 自宅でカラオケ

      0 comments


    1970年代に入ると、家庭用テープレコーダーは、コンパクトカセットタイプのものも音楽鑑賞に堪え得る音質にまで達しており、特にラジオ付きカセットテープレコーダー(ラジカセ)が普及すると、これをカラオケ用の装置として使うようになりました。
    高級なラジカセには、マイク接続とミキシングによる拡声器機能が付いていました。
    1980年代後半には、レーザーディスクによるカラオケシステムが現れ、ある程度の普及をしました。
    これはメディアの性質上、映像が含まれており、テレビ画面上に映像と歌詞を表示して使われました。
    プレーヤーは一般のものと異なり、マイク入力とそれへのエフェクト機構がありました。

    家庭用ゲーム機でもPCエンジンではCD-G、ドリームキャストやWiiでは通信カラオケによるカラオケシステムに対応しています。
    音源媒体については、1970年代初めごろよりラジオ番組の中でカラオケ(伴奏のみの音楽)を流す企画もあり、これを録音する聴取者も居ました。
    また、市販のレコードにはカラオケがほとんど存在しなかったが、ミュージックテープ(音楽カセット)では、カラオケのみを収録したものが多くラインナップされました。
    テレビの歌番組で歌手の歌に合わせて歌詞の字幕スーパーが放映されるようになって以後、楽曲によっては販売されるCD自体にカラオケが収録されるようにもなりました。
    特別にカラオケの音源がなくとも自宅でカラオケができるようにもなりました。

  • カラオケの文化

      0 comments


    「カラオケ」とは、歌唱またはメロディパート(主旋律)を担う楽器を演奏する際に、生演奏ではなく事前に録音された伴奏を再生し合唱や合奏する行為のことを指します。
    1970年代以降、演奏装置そのものを「カラオケ」と呼ぶ機会も増えています。
    そのカラオケの文化についてご紹介します。

    ・前身
    現在のカラオケ形態の出現以前の1950年代から1960年代には、一部の喫茶店において、店主や専属の生バンドが楽器を演奏して客が歌う「歌声喫茶」という業態が存在していました。
    ただ、当時の社会運動や風潮との連動が強く、現在のカラオケのように時節の流行歌を歌うものではなかったそうです。
    飲食店にカラオケ装置が設置され始め、社会運動などが退潮した70年代には、ほとんどの「歌声喫茶」が姿を消しました。

    ・酒場の余興
    カラオケは、スナックの飲食業者の店舗やホテルの宴会場に置かれることが多かったのです。
    カラオケは専ら酒席の余興という位置づけであったからです。
    この時期の利用者は酒の飲める世代、つまり20代以上であるが、具体的にはより年齢層が高い層でありました。
    その理由は、カラオケとして録音されていた曲の多くが演歌だったからです。

    ・カラオケボックスの広がり
    1980年代半ば、カラオケのみを専門的に提供するカラオケボックスという事業形態が誕生しました。
    酒のついでにカラオケを楽しむのではなく、純粋にカラオケで歌うために赴く場所であり、それ以前の概念を根底から覆す画期的な業態だったそうです。

  • カラオケの発祥とは

      0 comments


    カラオケのカラは「空」、オケは「オーケストラ」の略で、楽団や楽隊による生演奏ではなく、レコードやテープで代用することを指し、放送業界で用いられています。
    一説には、NHK交響楽団員らの雑談から出た言葉と言われています。
    録音機材が発達する前は、放送は基本的に生放送で行われていたが、次第に録音素材が用いられるようになり、費用が掛るオーケストラを準備させずとも予め録音した「カラオケ」に歌手の唄を重ねることが技術的に可能になると、番組制作経費の削減目的で普及しました。
    1970年以前には、日本では既にハードウェアとしてはマイク入力つきの8トラック式小型ジュークボックスが、またソフトウェアとしては伴奏用ミュージックテープが販売され、これらを使って歌を歌わせる店が出現していました。
    初期の8トラック式小型ジュークボックス装置としては、1967年に発売された根岸重一による国際商品のミュージックボックスや、1968年に発売された浜崎厳によるミニジュークがありました。

    バンドマン出身の井上大佑は、カラオケ関連サービスと専用装置を1971年に発明したと主張しています。
    井上は8トラック再生機に、予め用意された調やテンポから選択して再生、歌唱できるテープを添付し、「8Juke(エイトジューク)」と名づけてリース販売したことで、人気を博しました。
    初期にはコイン式の有料再生装置で、テープ1本当り4曲、10本セットの計40曲で、料金は5分で100円として、スナックなどに設置されました。

  • カラオケとは

      0 comments

    カラオケとは、歌唱またはメロディパート(主旋律)を担う楽器を演奏する際に、生演奏ではなく事前に録音された伴奏を再生し合唱や合奏する行為のことを言います。
    1970年代以降、演奏装置そのものを「カラオケ」と呼ぶ機会も増えています。

    カラオケという言葉が普及する以前は「空演奏」と表現されることが多かったそうです。
    通常、楽曲の伴奏部分だけが「事前に記録」されている記録媒体(音楽テープやディスク)で再生されました。
    この言葉のうまれは、「生伴奏なし」と同義で、「カラオケね」は「伴奏なしでやろう」という意味でした。
    これは放送業界で生放送において伴奏へ多くの注意や経費を払わなくていいところから重宝されました。
    ここまでは放送業界用語であり、この意味のカラオケはいまでも使われています。
    現在では、カラオケのしかけ、つまり、歌を歌うための装置、さらにはその装置を使って歌うことだけでなく、歌うための場所を提供している店(カラオケボックス)のことをカラオケと略して指すようにもなっており、これはカラオケがそれだけ一般化していることの証でもあります。

    2008年にイギリス政府が2500人以上の成人を対象に行った「最も重要と思いつつも最も不快に感じる電子機器」の調査では、カラオケが22%を獲得し、携帯電話を抑えて1位となったそうです。
    イギリスでは、日本のように防音施設が整った個室型のカラオケボックスがまだあまり広まっておらず、カラオケが設置されているパブで音痴の人や酔っぱらいの歌声が騒音被害を招いているとの理由からとされています。






    itunesのバックアップを取る
    VHSをDVDに変換